MENU
政治思想・政治哲学

【アイデンティティ・ポリティクスとはなにか】事例から問題までわかりやすく解説

アイデンティティ・ポリティクスとは

「アイデンティティ・ポリティクス(identity politics)」とは、

アイデンティティを土台にした集団が、その集団を構成する個人のアイデンティティに関して社会的承認を求める運動

です(『政治的アイデンティティの人類学』(2012)を参照)。

たとえば、人種、エスニシティ、ジェンダーといった特定のアイデンティティのもとに集結した個人がアイデンティティの社会的承認を求める運動はアイデンティティ・ポリティクスといわれます。

とは言え、アイデンティティ・ポリティクスの定義だけでは、この政治運動への批判や今後の展開に関して説明が不足しています。

そこでこの記事では、

  • アイデンティティ・ポリティクスの意味
  • アイデンティティ・ポリティクスの問題
  • アイデンティティ・ポリティクスの今後の展開

をそれぞれ解説してきます。

アイデンティティ・ポリティクスという政治形態を理解したいと考える学生はもちろん、国際情勢をフォローするビジネスマンにとって大事な記事となるでしょう。

興味関心のある箇所からで構いませんので、ぜひ読んでみてください。

このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。

ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら

Sponsored Link

1章:アイデンティティ・ポリティクスとはなにか?

まず、冒頭の定義を繰り返しますが、アイデンティティ・ポリティクスとは、

アイデンティティを土台にした集団が、その集団を構成する個人のアイデンティティに関して社会的承認を求める運動

です。

人種、ジェンダー、エスニシティを土台とした政治的な運動をイメージしていただけると理解しやすいと思います。

また特徴として特定のアイデンティティを土台とするため、アイデンティティ・ポリティクスは排他的と批判されます(ex: 沖縄人を土台にした運動は、沖縄人しか参加できないこと)。

では一体、どのようにアイデンティティ・ポリティクスは生まれてきたのでしょうか?アイデンティティ・ポリティクス誕生の背景を理解すると、その意味を理解できます。

1-1: アイデンティティ・ポリティクスの意味

冷戦構造崩壊後の世界を語るキーワードは、イデオロギー対立や階級闘争からエスニシティやアイデンティティへと変化しました。

世界を語るキーワードの変化に関して、さまざまな意見があります。

  • 否定派・・・これまでの国家秩序のなかで制度化されていた人間の原初的な特性がそれぞれ個別に主張し始めたカオス状態
  • 肯定派・・・アイデンティティのほうが階級よりも、パワーをめぐる抗争に有効な土台を提供する

大まかに分けるとこのようになります。

しかし世界を語るキーワードの変化をどう捉えようとも、1990年代以降のグローバル規模での政治変化はアイデンティティが政治化したこと、といえます。

では一体、なぜアイデンティティが台頭したのでしょうか?

それは人種、エスニシティ、ジェンダーが人間の原初的特性だから集団化したのではなく、そうやって集団化するほうが社会に異議申し立てする上で有効である状況が多くなったからです。

1-1-1: アイデンティティとは?

そもそもの疑問から始めましょう。アイデンティティ(identity)とはなんでしょうか?

アイデンティティとは、

自己同一性。つまり、「自分は一体何者か?」という疑問への解答

です。

多くの場合、アイデンティティは「生得的要因」と「社会的獲得要因」から対抗的に構成されます。

私の例で考えてみましょう。「私とは一体何者なのか?」と疑問に対して、

生得的要因・・・私は男性。それは女性という対抗的な存在を前提。

社会的獲得要因・・・私は日本語話者で、東京都民(ここでも対抗的な存在を前提)。

と解答することができます。

重要な点は、私たちが「自分は誰だか」を規定する要因は状況によって異なることです。あるアイデンティティが他のあるアイデンティティより意味をもつ状況があるということです。

1-1-2: ポリティクスとは?

ポリティクス(政治)とは、

  • 統治・政府に関わること
  • 国家による資源の配分に関わること
  • 政治空間の編成に関わること

といえます。

特に重要なのは、政治がパワー(権力)に関わる現象であることです。政治とはパワー関係をめぐる抗争で、国会での議論ではないということです。

しかし、この定義はきわめて限定的です。たとえば、この定義には夫婦関係や雇用関係といったパワー関係が入らないからです。

アイデンティティ・ポリティクスを語るとき、政治とは一旦限定的な範囲を指すと考えてください。

1-2: アイデンティティ・ポリティクスの事例

さて、実際のアイデンティティ・ポリティクスの事例をみていきましょう。

1-2-1: アメリカにおけるアイデンティティ・ポリティクスの事例

アメリカでは1960年代に多くの社会運動が起きました。その際、人びとの集団化の基礎となったのはアイデンティティでした。

たとえば、1960年代以降の社会運動では、

  • 人種アイデンティティ・・・ブラック・パワー運動(黒人運動)やレッド・パワー運動(先住民運動)
  • エスニックアイデンティティ・・・チカーノ運動(メキシコ系アメリカ人の運動)

が強調されました。

アメリカにおける1960年代の社会運動は、アイデンティティ・ポリティクスの先駆けだったといえるでしょう。

1-2-2: 日本におけるアイデンティティ・ポリティクス

当然、日本にもアイデンティティ・ポリティクスはあります。

たとえば、アイデンティティ・ポリティクスには、

  • ゲイやレズビアンといった性的マイノリティが社会承認を目指す運動
  • 琉球やアイヌ民族といった民族的アイデンティティをもとにした運動
  • 障がい者というアイデンティティを土台にした運動

があります。

このように、私たちが自分を規定するアイデンティティをもとに集団化した政治運動がアイデンティティ・ポリティクスです。

1-3: アイデンティティ・ポリティクスの問題

ところで、アイデンティティ・ポリティクスは多くの批判にさらされています。

実際のところ「アイデンティティ・ポリティクス」という言葉は、ある政治運動を批判するためだけに使われます(「おまえは共産主義者だ!」と言われるのと変わらない)。

「アイデンティティ・ポリティクス」が自称ではなく、他者を批判するために機能するのはなぜでしょうか?

1-3-1: アイデンティティ・ポリティクスに対する左右両派からの批判

まずは、左翼と右翼によるアイデンティティ・ポリティクスへの批判をみていきましょう。

「左翼と右翼がアイデンティティをどう捉えてえているのか?」を注意して考えると、わかりやすいです。

  • 左翼・・・階級という概念とは異なり、アイデンティティは連帯ではなく分断をうむ。つまり、民主化を進める上で障害になる。
  • 右翼・・・さまざまな集団がアイデンティティに拘るとき、(国民)国家は分断される

左右両派はそれぞれ異なった理由で、アイデンティティ・ポリティクスを批判をしているとわかると思います。

つまり、アイデンティティを強調した政治運動は民主化や国家の障害になる、と考えられています。

1-3-2: アイデンティティ・ポリティクスに対する本質主義という批判

そして、アイデンティティ・ポリティクスはしばしば本質主義だという非難を受けます。

「アイデンティティ・ポリティクスが本質主義的である」とは、

集団化がある特定のアイデンティティのもとにされるため、そのアイデンティティを共有しない人は排除されること

を意味します。

たしかに、ある特定のアイデンティティから自他を区別する集団は排他的といえるでしょう。(ex: 黒人ではないと黒人の運動に参加できないということ)

そして、アイデンティティ・ポリティクスの本質主義的な側面は理論的に劣っていると考えられています。

たとえば、ポスト構造主義者の立場からすると、

  • 「流動性」や「異種混淆性」で構成される文化は明確な境界をもたず、常に構築され続ける
  • その結果、アイデンティティは固定化されることなく、流動的である

と考えられています。(*理論的な立場は複雑ですので覚える必要はありません)

ここでは、アイデンティティ・ポリティクスがさまざまな理由で批判の対象になると理解してください。

政治的な左右両派から理論的な立場まで、アイデンティティ・ポリティクスは批判の対象となっています。もはや罵倒する言葉としてしか意味がないようにみえます。

しかし本当にそうでしょうか?本当に意味のない政治活動なのでしょうか?そんな疑問に解答するために、2章ではアイデンティティ・ポリティクスの今後の展開を解説します。

その前に、これまでの内容をまとめます。

1章のまとめ
  • アイデンティティ・ポリティクスとは、アイデンティティを土台にした集団が、その集団を構成する個人のアイデンティティに関して社会的承認を求める運動
  • アイデンティティ・ポリティクス誕生の背景は人種、エスニシティ、ジェンダーが人間の原初的特性だから集団化したのではなく、そうやって集団化するほうが社会に異議申し立て上で有効である状況が多くなったから
  • 政治的な左右両派から理論的な立場まで、アイデンティティ・ポリティクスを批判の対象をする

アイデンティティ・ポリティクスに関してはさまざまな立場がありますが、『政治的アイデンティティの人類学』(2012)は新たな視点を展開しているのでおすすめです。

Sponsored Link

2章:アイデンティティ・ポリティクスの今後の展開

アイデンティティ・ポリティクスは、社会変革の可能性をもった政治運動です。

その点を理解するために、まずこの政治運動が批判される前提を解説します。その後、アイデンティティ・ポリティクスの展望を紹介します。

これから紹介する議論では「民主主義」や「ナショナリズム」に関する最低限の知識が必要です。それの概念に関しては次の記事を参照ください。

【民主主義とは】基礎知識・歴史・重要用語をわかりやすく解説

【ナショナリズム・国民国家とは】成立過程から問題までわかりやすく解説

2-1: アイデンティティ・ポリティクスとリベラル民主制の前提

アイデンティティ・ポリティクスが批判される根底には、リベラル民主制の前提があります。

リベラル民主制の前提とは、

  • 公共圏への参加条件は平等で抽象化された個人=「負荷なき自己」
  • つまり、アイデンティティは私的領域に押し込むべきもの

といったものです。

たとえば、ロールズやハバーマスといった社会科学や政治哲学における学者は、「負荷なき自己」を想定して議論をします。公的領域と私的領域をわけることで議論を始めるのです。

言い換えると、文化は原初的アイデンティティであるため公共圏にはなじまない、と考えられています。

■ リベラル民主制の前提の落とし穴

しかし、この議論は本当に正しいのでしょうか?

繰り返しますが、リベラル民主制では階級、エスニシティ、人種、ジェンダーなどの差異を私的領域に収めることで、公共圏への参加が認められます。

しかしながら、平等な存在として公共圏への参加が約束されるとき、次のような問題点が浮上します。

  • 階級、エスニシティ、人種、ジェンダーなどの差異に起因する不利益やパワー関係について議論をおこなうことができなくなる
  • するといつまで経っても、アイデンティティと政治の関係が議論できない

つまり、アイデンティティが公的領域で無視できない声を主張をするとき、ロールズやハバーマスといった社会科学や政治哲学の想定を越える必要があるのです。

2-2: アイデンティティ・ポリティクスの今後の展開

アイデンティティ・ポリティクスは国家を分断しかねない運動として、頻繁に批判の対象と解説しました。ではアイデンティティ・ポリティクスではない政治はなんでしょうか?

アイデンティティ・ポリティクスではない運動は、労働階級運動としばしば言われます。両者を比較してみましょう。

特徴/運動 労働階級運動 アイデンティティ・ポリティクス
集団化の理由 共通の経済的利益を達成するために集結する集団 個人のアイデンティティに関して社会的承認を求めるために集結する集団
運動の種類 階級 人種、エスニシティ、ジェンダー等々

このように比較すると、階級は経済的利益のために集団化するため、アイデンティティを越えた連帯がしやすいようにみえます。

しかし実際には経済的利益のために集団化した農民運動が、先住民運動に変化するという事例がいくつもあります。運動を理論的に区別していたら、説明不可能な事例です。

■ すべてはアイデンティティ・ポリティクス

発想を変えてみてください。歴史上にアイデンティティ・ポリティクスではなかった政治運動はあったのか?と。

そのように考えると、アイデンティティ・ポリティクスには、

  • 労働階級の形成はイギリスの無産階級の参政権を求める運動の結果
  • 奴隷解放運動も黒人の市民権を求めた闘いの結果
  • 公民権運動や女性参政権

といった運動が含まれます。

「アイデンティティ・ポリティクス」を批判の言葉ではなく、公正な社会をつくる社会運動として真面目に議論するべき必要があります。

2章のまとめ
  • リベラル民主制の前提を批判的に再考する必要がある
  • すべての政治運動は、アイデンティティ・ポリティクス
  • 公正な社会をつくる社会運動としてアイデンティティ・ポリティクスを真面目に議論するべき

Sponsored Link

3章:アイデンティティ・ポリティクスの学習リスト

どうでしょう?アイデンティティ・ポリティクスとはなにか?を理解することはできましたか?ナショナリズムの勃興、国際紛争、民主主義の危機に直面する今日、アイデンティティ・ポリティクスは重要なキーワードです。

言い換えると、アイデンティティ・ポリティクスを知らなければ、政治的・社会的現象を捉えることができなくなる可能があります。

これから紹介する学習リストから、アイデンティティ・ポリティクスに関する理解をぜひ深めてください。

書籍

オススメ度★★★ 太田好信(編) 『政治的アイデンティティの人類学』 昭和堂

アイデンティティと政治の関係を議論した書物。この記事の多くは、この本を参照しています。アイデンティティ・ポリティクスを真面目に学びたい方にオススメ。

オススメ度★★★ ジェイムズ・クリフォード 『ルーツ―20世紀後期の旅と翻訳』月曜社

先住民運動の展開を学べます。ジェイムズ・クリフォードはアイデンティティ・ポリティクスを支持する数少ない学者の一人です。

created by Rinker
¥20,740
(2020/11/24 10:20:53時点 Amazon調べ-詳細)

学生・勉強好きにおすすめのサービス

一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。

最初の1冊は無料でもらえますので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

また、書籍を電子版で読むこともオススメします。

Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。

Amazonスチューデント(学生向け)

Amazonプライム(一般向け) 

数百冊の書物に加えて、

  • 「映画見放題」
  • 「お急ぎ便の送料無料」
  • 「書籍のポイント還元最大10%(学生の場合)」

などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。

まとめ

いかがでしたか?この記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • アイデンティティ・ポリティクスとは、アイデンティティを土台にした集団が、その集団を構成する個人のアイデンティティに関して社会的承認を求める運動
  • リベラル民主制の前提を批判的に再考する必要がある
  • 公正な社会をつくる社会運動としてアイデンティティ・ポリティクスを真面目に議論するべき

このサイトでは、他にもさまざまな政治思想や社会思想を解説していますので、ぜひ他の記事も読んでみてください。