心理学

【長期記憶とは】短期記憶との関係からその性質をわかりやすく解説

長期記憶とは

長期記憶(Long-term memory)とは、比較的長い期間、保持される記憶のことです。

記憶について、総合的な理解をするためには短期記憶と長期記憶を学術的に理解する必要があります。

この記事では、

  • 長期記憶の意味・例・原因
  • 長期記憶の心理学的実験

をそれぞれ解説していきます。

好きな箇所から読み進めてください。

このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。

ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら

Sponsored Link

1章:長期記憶とは

1章では、長期記憶の全体像を提示します。長期記憶の心理学的実験に関心のある方は、2章から読んでみてください。

このサイトでは複数の文献を参照して、記事を執筆しています。参照・引用箇所は注1ここに参照情報を入れますを入れていますので、クリックして参考にしてください。

1-1:長期記憶の意味

長期記憶とは何かという話をする前に、記憶の基本的な働きを抑えておく必要があります。心理学において、記憶の機能として主に3つの機能が挙げられます。

  1. 記銘(memorization)・・・見たり聞いたり嗅いだりといった感覚器官より入力された情報を覚える機能
  2. 保持(retention)・・・記銘によって覚えたことを忘れずに維持し続ける機能
  3. 想起(remembering)・・・保持した情報を思い出す機能

この記事では、これらの機能を上記の用語で記述しますが、それぞれ、符号化(encoding)、貯蔵(storage)、検索(retrieval)とも呼ばれたりもします。

長期記憶という考え方は、アトキンソンとシフリン(1968)が提唱した「二重貯蔵モデル」という考え方に基づいています2Atkinson, R. C., & Shiffrin, R. M. (1968). Human memory: A proposed system and its control processes. Psychology of learning and motivation, 2(4), 89-195.。このモデルは、記憶が次のものからなると説明しています。

  • 記憶が感覚器官から送られてきた情報を瞬時(0-2秒)保持される感覚記憶
  • 一時的に数個程度の情報を保持する短期記憶(short-term memory)→短期記憶に関してはこちら
  • 長期的に大量の情報を保存することが出来る長期記憶(long-term memory)

つまり、記憶が保持される時間の長さによって短期記憶と長期記憶に区別されるということです。



1-2:長期記憶と短期記憶

このような短期記憶と長期記憶が区別されることを示したのは、系列位置効果に関する実験的研究です。

実験概要

  • この実験では、実験参加者に十数個程度の意味のない無意味な単語(JSI、SWA、KLOなど)を学習させる
  • 単語は1つずつ順番に提示され、すべての提示が終わった後に、参加者は単語を再生することが求められる
  • この時、参加者を2つの条件に分けた。1つの条件は、課題提示終了後、すぐに再生を行う条件(この条件を「直後再生条件」と呼ぶ)
  • もう1つの条件は、課題提示終了後しばらく(30秒~1分程度)時間をおいてから再生を行う条件。この遅延時間の間、先ほど学習した単語を頭の中で繰り返したりできないように、実験参加者は簡単な計算課題に取り組んだ(この条件を「遅延再生条件」と呼ぶ)

実験の結果、直後再生条件の参加者は、はじめのほうに提示された単語と最後のほうに提示された単語の成績が良いことが明らかになりました。

対して、遅延再生条件の参加者は、はじめの方に提示された単語の成績は良いのですが、後の単語の再生成績は横ばいとなっていました。

この結果のように、はじめのほうに覚えた単語の再生成績が良いことを「初頭効果」といい、さいごのほうに覚えた単語の再生成績が良いことを「新近効果」といいます。この2つの効果がみられる理由は、長期記憶と短期記憶の性質の違いに基づいて説明されます。

1-2-1: 初頭効果

まず、初頭効果がみられる理由は、長期記憶の存在を支持する証拠となります。皆さんもこの実験の参加者の立場になって考えてみてください。今から順番に出てくる単語を覚えてくださいと言われたとき、どうしますか?

おそらく、頭の中で何度も繰り返すのではないでしょうか?この繰り返すという行為はリハーサルと呼ばれ、これを繰り返すことで、情報は長期記憶に送られるといわれています。

つまり、最初のほうの単語は何度も何度も繰り返されるため、長期記憶に送られやすいということです。長期記憶に送られた情報は、その性質上そう簡単には忘れません。そのため、遅延のような妨害が入った群でも、はじめの方の単語の成績が良かったということです。

1-2-2: 新近効果

対して、新近効果についての結果は短期記憶の存在を支持します。先ほどの長期記憶のみの説明の場合、最後のほうに提示された単語はほとんどリハーサルを行えません。いっぽうで、最後のほうの単語は提示されてからまだあまり時間がたっていません。

そのため、短期記憶に情報が保持されており、新近効果がみられたのだと説明出来ます。短期記憶の情報は、一時的に保持されるだけでリハーサルを行わなければすぐに忘却されます。

そのため、遅延再生条件のような妨害が入ると、短期記憶にある情報はどんどん失われてしまうということです。つまり、遅延再生条件では、少し時間をおいてから再生課題を行ったため、短期記憶に保持されていた情報が失われたということです。



1-3:長期記憶の性質

さて、長期記憶には、以下のようにさまざまな情報が保持されています。

  • 「初恋の相手と自転車でツーリングに行った」といったような出来事についての記憶もあれば、「初恋」というのは「初めて知った恋」のことだというような知識についての記憶もある
  • また、自転車に乗るといった、言葉ではうまく説明できないような技能についての記憶もある

このような記憶の内容に応じて長期記憶を、言葉ではうまく説明できないような記憶である「手続き的記憶(procedural memory)」と、言葉によって説明可能な情報に関する「宣言的記憶(declarative memory)」に分けています。

先ほどの自転車の乗り方は手続き的記憶にあたります。このことを実感していただくために、どのように自転車に乗っているかを紙に書いてみてください。すると、結構難しいのではないでしょうか?

また、何かしらの説明が書けたとしても、普段自転車に乗るときにはそのようなことは考えていないかと思います。普段私たちはさまざまな技能を意識することなく行えていますが、それが意識することなく出来ているのは、そのような一連の技能に関する知識が言語化できない手続き的記憶として長期記憶に保持されているためなのです。

対して、「初恋の相手と自転車でツーリングに行った」といったような出来事についての記憶もあれば、「初恋」というのは「初めて知った恋」のことだというような知識についての記憶は宣言的記憶にあたります。

この例を見てわかるように、宣言的記憶についても2つの種類の記憶に分けられます3Tulving, E. (1972). Episodic and semantic memory. Organization of memory, 1, 381-403

  • 「初恋の相手と自転車でツーリングに行った」といったような、「いつ」「どこで」のような情報を伴う過去に自分が経験した出来事についての記憶のことをエピソード記憶(episodic memory)という
  • 「初恋」というのは「初めて知った恋」のことだといったような、一般的な知識についての記憶のことを指して意味記憶(semantic memory)という

また、エピソード記憶と意味記憶は思い出すときの主観的な経験も異なるといわれています。

タルヴィング(1972)によると、

  • エピソード記憶を想起する場合には、「思い出す(remembering)」という感覚を伴う
  • 意味記憶を想起する場合には、「知っている(knowledge)」という感覚を伴う

といいます。

もし、みなさんが自分の記憶がどちらに分類されるのかを知りたい場合には(そんなことがあるのかわかりませんが)、どちらの感覚を伴うのかを参考にしてみるのが良いかもしれません。

Sponsored Link



1-4:長期記憶を伸ばす方法

長期記憶に保持された情報をできるだけ「長く記憶」するためにはどのようにすればよいのでしょうか?テスト勉強した知識をできるだけ「長く記憶」していたいというのは多くの方が思うことだと思います。

では、心理学において、「長く記憶」するというのはどのようなことを指すのでしょうか?この長期記憶に保持される長さにについて、忘却のメカニズムから検討したのがエビングハウスです(→忘却曲線に関してはこちらの記事)。

エビングハウスは忘却の現象を始めて科学的に扱ったことで有名です。実験の概要は以下のとおりです。

実験の概要

  • エビングハウスは無意味つづりという意味のない英単語(SAG、DET、AIW、UOLなど)を作成し、それを記憶するという実験を行った
  • 実験は、彼自身を唯一の被験者として、実験を行われた
  • エビングハウスはまず、無意味つづりの単語セットを、完璧に暗唱できるようになるまで学習した
  • そして、その学習した単語について、さまざまな時間間隔でどの程度覚えているかを調べた
  • その結果、20分後には42%、1時間後には56%、そして1日後には74%が忘れられ、そこから先は忘却量は比較的少なくなっていくことが示された

つまり、忘却ははじめは急激に進むが、ある一定程度忘却が進むと、次第にその忘却率は緩やかになることが判明したのです。言い換えると、情報は一度長期記憶に保持されても、時間の経過とともに、だんだんと取り出すことが難しくなるということです。

さらに、エビングハウスは次のような実験をしています。

実験の概要

  • エビングハウスは、まず先ほど紹介した実験と同様に、無意味つづりの単語を暗唱できるまで繰り返し学習し、その学習にかかった時間を測定した
  • その後、20分、1時間、9時間、1日、2日、6日、31日の系7つの時間間隔で、再びすべての単語を暗唱できるまでに、どれくらいの時間が必要かというのを調べた

実験の結果、再学習にかかる時間は、次のようになることが判明します。

1時間
→はじめの学習から1時間しかたっていない条件でさえも、再び暗唱できるようになるまでには、はじめに暗唱できるようになるまでにかかった時間の半分程度の時間が必要になる

8時間
→8時間がたつ頃には、再び暗唱できるようになるためにははじめに暗唱できるなるまでにかかった時間の2/3程度の時間(最初の時間の65%の時間)がかかる

それ以降
→それ以降では、この反復学習にかかる時間の減衰率は低下し、31日後の時点では、再学習までに最初の学習の79%程度の時間がかかる

この実験の結果は、時間間隔を置けば置くほど再び学習するまでにかかる時間は、多くなることを示しています。はじめの学習から1時間後の再学習では、はじめの半分の時間で再び暗唱できるようになるのに対し、8時間後でははじめの2/3もの時間がかかってしまうのです。

また、この実験は、一度長期記憶に保持された情報を再び学習するときには初めに学習した時よりも学習時間が伸びることがないことを示しています。つまり、一度保持された情報は取り出しにくくなるだけで、貯蔵庫の中で失われることがないことを意味しています。

この実験から、長期記憶に保持された情報は時間を置くほど、再び取り出せるようになるまで時間がかかるということ、長期記憶において「長く記憶」するというのは取り出せる状態を維持するということが分かります。

長期記憶の能力というのは一朝一夕に変わるものではありませんが、このような性質は、覚えておきたい情報をできるだけ長く保持するためのヒントを与えてくれます。

1章のまとめ
  • 長期記憶とは、比較的長い期間、保持される記憶のことである
  • 情報は一度長期記憶に保持されても、時間の経過とともに、だんだんと取り出すことが難しくなる
Sponsored Link

2章:長期記憶に関する学術的な議論

ここまで、二重貯蔵モデルに基づき、長期記憶内の情報は、取り出しにくくなることはあってもなくならない貯蔵庫のようなものであるという説明をしました。もし、貯蔵庫であるならば、その中にある情報は変容することはないはずです。

しかし、多くの研究が長期記憶内にある情報は、変容することがあり、さらに、一度も経験したことのないような記憶を作り出すことすらあることを示しています。

2-1:長期記憶は単なる貯蔵庫か?

ここでは、事後的に提示された情報によって記憶が書き換わるのかを検証した実験の中でも、ロフタスとケッチャムによる非常に単純なものを1つ紹介します4 Elizabeth F. Loftus & Katherine Ketcham (1994). The myth of Repressed Memory. N.Y.: St Martin’s press. (仲 真紀子 訳 (2000). 『抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって―』. 東京: 誠信書房.)

実験概要

  • 実験参加者は、車が衝突事故を起こしてしまうような映像を視聴させられた
  • 参加者はその後2つのグループに分けられた
  • あるグループの参加者は、「車が『激突(smashed)』したとき、どのくらいの速度でしたか?」という問いに回答した
  • もう一方のグループの参加者には「車が『接触(contacted)』した時、どのくらいの速度でしたか?」という問いに回答した
  • この質問の意図は、後に行われる質問の内容によって、記憶にどのような影響が与えられるかを検証することであった

実験の結果、「接触」したという文が与えられたグループに比べて、「激突」したという文が与えられたグループのほうがより、車の速度を速く見積もっていました。

具体的には、

  • 「激突」したという文が与えられたときには、平均して、時速40.3マイル(時速65キロメートル程度)と見積もっていた
  • 「接触」したという文が与えられた場合には、時速31.8マイル(時速51キロメートル程度)と見積もられていた

という結果が出ました。

はじめに視聴した動画はどちらのグループも同じものであったにもかかわらず、この結果がでました。このことは、事後的に行われる質問のちょっとした違いによって、簡単に変容してしまうことを示しています。

このような、実際には起こっていない出来事についての記憶のことを虚偽記憶といいます(→虚偽記憶に関してはこちら)。これらの知見に基づき、長期記憶が単なる貯蔵庫であるという見方が見直されてきています。

Sponsored Link

3章:長期記憶について詳しく学べる本

長期記憶を理解することはできました?記憶に少しでも関心をもった方のためにいくつか本を紹介します。

おすすめ書籍

オススメ度★★★ 森 敏昭『認知心理学を語る〈1〉おもしろ記憶のラボラトリー』(北大路書房)

記憶に関わるさまざまな知見についての“おもしろさ”を、知ることが出来る書籍です。内容はとっつきやすいですがしっかりと記憶研究についてのトピックを網羅している一冊です。

オススメ度★★★ E. F. ロフタス、K ケッチャム 『抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって―』(誠信書房)

2章で紹介したような、記憶の変容や虚偽記憶に関する書籍です。著者の一人であるロフタスはTEDスピーチもしているので、虚偽記憶のような話に関心を持った場合はそちらを見るのもおすすめです。

学生・勉強好きにおすすめのサービス

一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。

最初の1冊は無料でもらえますので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

また、書籍を電子版で読むこともオススメします。

Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。

Amazonスチューデント(学生向け)

Amazonプライム(一般向け) 

数百冊の書物に加えて、

  • 「映画見放題」
  • 「お急ぎ便の送料無料」
  • 「書籍のポイント還元最大10%(学生の場合)」

などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。

まとめ

最後にこの記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 長期記憶とは、比較的長い期間、保持される記憶のことである
  • 情報は一度長期記憶に保持されても、時間の経過とともに、だんだんと取り出すことが難しくなる
  • 長期記憶が単なる貯蔵庫であるという見方が見直されている

このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。

ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら

参考文献

  • Atkinson, R. C., & Shiffrin, R. M. (1968). Human memory: A proposed system and its control processes. Psychology of learning and motivation2(4), 89-195.
  • H.Ebinghaus. (1978) 宇津木保(訳) 記憶について-実験心理学への貢献, 誠信書房.
  • Tulving, E. (1972). Episodic and semantic memory. Organization of memory1, 381-403.
  • Elizabeth F. Loftus & Katherine Ketcham (1994). The myth of Repressed Memory. N.Y.: St Martin’s press. (仲 真紀子 訳 (2000). 『抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって―』. 東京: 誠信書房.)