MENU
文化人類学

【通過儀礼とは】その意味から具体的な例までわかりやすく解説

通過儀礼とは

「通過儀礼(rite of passage)」とは、

人生の節目に経験する「人生儀礼」「移行儀礼」「加入儀礼」

を指します。

通過儀礼は一般的に使われる言葉ですが(たとえば、日本の成人式)、どのような儀礼が通過儀礼で、それが何を意味するのかを漠然としていますよね。

そこでこの記事では、

  • 通過儀礼の定義・意味
  • 世界と日本の通過儀礼を例
  • 通過儀礼に関する代表的な研究

を解説します。

世界各地でおこなわれる儀礼は、一見奇妙にみえるかもしれません。しかし、実は日本社会にも通過儀礼があります。

読み終えるころには、通過儀礼の表面的な特徴から離れて、本質的な意味を理解できます。知りたいところからで構いませんので、ぜひ読んでみてください。

このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。

ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら

Sponsored Link

1章:通過儀礼とはなにか?

1章のポイントは、

  • 通過儀礼を定義・意味
  • 世界と日本の通過儀礼の事例

です。

要点をわかりやすく解説しますので、しっかり理解しましょう。

1-1: 通過儀礼の定義・意味

冒頭の繰り返しになりますが、通過儀礼とは、

人生の節目に経験する「人生儀礼」「移行儀礼」「加入儀礼」

を指します。

それぞれの儀礼を簡単に説明すると、

  • 人生儀礼:誕生・成人・結婚・死などの人生の節目に経験する儀礼
  • 移行儀礼:特定の場所から別の場所に移動する際の儀礼
  • 加入儀礼:教団などへの入社式や、王の即位式を祝う儀礼

といえます。

このように「通過儀礼」は「人生儀礼」「移行儀礼」「加入儀礼」のすべてを意味する包括的な言葉です。

漠然としていてわかりにくい言葉ですが、個人の地位や身分が変更される際におこなわれる儀礼が通過儀礼、と呼ばれます。この点を覚えておきましょう。



1-2: ヴァン=ジェネップの通過儀礼に関する研究

通過儀礼とはなにかアルノルト・ヴァン=ジェネップ(1873-1957)

「通過儀礼」とは、そもそもフランス人文化人類学者のヴァン=ジェネップが使った言葉です。世界各地で儀礼はおこなれますが、彼はその儀礼のなかにある共通の特徴を通過儀礼という言葉で説明しようとしました。

ヴァン=ジェネップによると、通過儀礼とは、

  1. 現在の状態からの「分離」
  2. どの状態でもない「過渡」
  3. 新しい状態に向けた「統合」

という3つの局面で構成される儀礼です。

定義的な説明が続くと抽象的でわかりにくいと思いますので、世界と日本における通過儀礼の例を確認します。

重要な点は、世界中でおこなわれる儀礼には、何らかの共通点があるということです。世界と日本の通過儀礼は、なにが類似するのかを考えてみてください。

ちなみに、文化人類学という学問については「【文化人類学とは】学問の特徴から文化の定義までわかりやすく解説」の記事を参照ください。

1-3: 世界の通過儀礼の例

まずイギリス人社会人類学者のエヴァンズ=プリチャードが報告した、「ヌアー社会」の事例をみてきましょう。

ヌアー社会の成人式では、

  • 「ガル」と呼ばれる手術を受けて、少年は大人の仲間入りをする(ガルでは小さなナイフで少年の額に、6本の切り傷をつける。傷跡は生涯残り、死体の頭蓋骨にもその跡をとどめているという)
  • 対象は14歳〜16歳の少年で、4人〜12人の少年がまとめガルを受ける
  • ガルを受ける少年たちは、まず分離させられる
  • 手術が終わると、一時的隔離されて、さまざまなタブーを課せられる
  • 最後に、特別な儀式をへて隔離の時期を終了する

といった特徴をもちます。

「なんて野蛮な!」と思った方もいるかもしれませんが、ヌアー社会の儀礼内容や特徴から離れて考えてください。重要なのは、その社会が通過儀礼に与える本質的な意味です。

通過儀礼に与えられた意味を深く考えると、日本にも同じような儀礼があることに気づくはずです。

1-4: 日本の通過儀礼の例

日本で通過儀礼といわれる「成人式」や「元服」は、もはや形だけのものになっています。ですから、ここでは、お相撲さんにまつわる身近な?事例で考えみましょう。

ヌアー社会の成人式は、お相撲の世界で関取になったものが「大銀杏」を結うことと似ています。

お相撲の世界では、

  • 「大銀杏」を結った力士と、結っていない力士には決定的な違いがある(ex: 付き人の有無、衣装、言動、振る舞いなどの違い)
  • 関取になったから「大銀杏」を結うと考えられているが、本当は「大銀杏」を結わないと関取ではない
  • 「自分には実力がある」といったからって、髪型を好きにすることはできない
  • 序の口から横綱まで連続しているようにみえるが、ある段階における番付の変更は「儀式的」な変身を意味する

といった特徴をもちます。

ここまでくると、ヌアー社会とお相撲の世界の類似性を理解された方もいると思います。

考えてみてください

  • ヌアー社会でも「ガル」を受ける以前と以降の世界は決定的に異なるように、お相撲の世界でも「大銀杏」を結う関取とそれ以前では全く異なる世界
  • 子どもはいずれ大人になるように、力士はいずれ「大銀杏」を結う関取になる(と想定される)
  • ここには「子ども→大人」、「関取になる以前→関取」への移行の連続性が前提となっている
  • すると、儀礼とは連続性に、恣意的な「切れ目」をもちこむ役割を担う
  • 恣意的な「切れ目」こそが儀礼であり、文化である

一見すると全く異なる通過儀礼ですが、実は本質的な類似性があるようにみえてきませんか?

つまり、通過儀礼とは、

  • 連続している時間のなかに、恣意的な切れ目を入れる役割
  • あるところでは「割礼」、あるところでは「抜歯」、あるところでは「大銀杏」が「切れ目」となる
  • どこで「切れ目」を入れるかは、当然それぞれの文化や社会によって異なる
  • その恣意的な「切れ目」が文化。つまり、儀礼は文化的な切れ目

といえます。

どうでしょう?通過儀礼の本質を理解することはできましたか?

続いて2章ではヴァン=ジェネップの通過儀礼のモデルを発展させた、リーチとターナーのモデルをみてきましょう。

ヴァン=ジェネップの議論は『通過儀礼』に集約されていますので、ぜひ参照ください。

created by Rinker
¥3,072
(2020/11/26 10:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

いったん、これまでの内容をまとめます。

1章のまとめ
  • 通過儀礼とは、人生の節目に経験する「人生儀礼」「移行儀礼」「加入儀礼」
  • 通過儀礼はヴァン=ジェネップによって「分離」「過渡」「統合」で説明される
  • 通過儀礼には、本質的な類似性がある

Sponsored Link

2章:通過儀礼に関する研究とその事例

リーチとターナーの議論は、ヴァン=ジェネップの議論をより発展させたものです。私たちは連続的な時間の流れに、恣意的な切れ目を持ち込んでることがわかるはずです。

2-1: リーチの通過儀礼に関する研究

エドマンド・リーチは、通過儀礼を自然な連続性に、時間的・空間的な切れ目を入れるものとして捉えました。

まずは成人式を例にとって、時間的切れ目をみてみましょう。リーチの通過儀礼に関する議論を時間的に示すと、次のようになります。

通過儀礼とはなにか

儀礼には「始め(分離)」と「終わり(統合)」があります。そして、時間的な連続性を前提とするため、「始め」と「終わり」の間に、「どっちつかずの状態(過渡)」が不可欠となります。

成人式を契機に子どもから大人になる場合、

  • 子どもの世界と大人の世界は区別されている
  • 儀礼を経て、子どもは大人になる
  • 子どもと大人の区別は身体的な発達の問題ではなく、社会的な成熟度が問題となる(だから成人といわれる人たちの年齢は、世界的に一致しない)
  • さまざまな社会において成人式はあるが、子どもが終わり大人が始まるのは社会的・文化的基準に依存している

といえます。

2-1-1: 通過儀礼の空間的な切れ目

さて、リーチが「通過儀礼は空間的な切れ目である」というとき、空間的な切れ目とは主に「カテゴリー」や「地位」という観念的なものを指しています。

たとえば、先ほどの子どもから大人(成人式)の例をあげると、

  • 社会的な責任や義務の発生
  • 行為や発話から読み取られる精神的な成長

といった軸が空間的な切れ目になります。

時間的な切れ目は年齢が中心軸でしたが、空間的な切れ目では精神や社会的責任といったカテゴリーの移行に重点がおかれます。

2-1-2: 通過儀礼における「余分」と「はみだし」

リーチにとって時間的・空間的切れ目は、自然な連続性を人工的(文化的)に分節することです。

つまり、連続しているものに入る「切れ目」は、

  • 本来の自然状態からの「余分」や「はみだし」を意味する(どっちつかずの状態)
  • 「余分」や「はみだし」は明確な位置を持たないからこそ、「非日常的」「周縁的」「聖なるもの」「タブー」として考えられる

といった特徴をもちます。

リーチの議論は『文化とコミュニケーション』が有名です。ぜひ読んでみてください。

2-2: ターナーの通過儀礼:構造とコミュニタス

リーチの空間的なモデルをより一般化したのが、文化人類学者のヴィクター・ターナーです。ターナーは「どっちつかずの状態」である境界領域を、「コミュニタス」という言葉で説明しました。

「コミュニタス」とは、

  • 日常的な社会的規範・関係である「構造」の対となる概念
  • 「反構造」であるコミュニタスは、非差別的、平等的、非合理的

といった特徴をもちます。

ターナーは、社会が「構造」と「コミュニタス(反構造)」のセットで存在するといいます。

たとえば、カーニバルを考えてみてください

  • カーニバル期間中は、構造(日常性)から解放される
  • 昼と夜の区別はなくなり、カーニバル一色の世界になる
  • カーニバルでは、身分や地位といった世俗的な価値は無意味になる
  • 日常世界では抑圧される社会への批判が、コミュニタスでは可能になる(ex: サンバにおける出し物は、社会政治的な風刺となること)
  • カーニバルが終われば、人びとは日常的な世界(構造)へと戻る

社会が「構造」と「コミュニタス」のセットで存在する、というターナーの主張を理解できましたか?

要するにターナーの議論とは、

  • 構造だけではエネルギーが枯渇していまうので、反構造としてのコミュニタスが必要
  • コミュニタスはそれ自体も長続きせず、最終的には構造に吸収
  • そのため、「構造」と「コミュニタス」によって社会が存在する

といったものです。

ターナーの通過儀礼論は『儀礼の過程』から理解できます。学術書にもかかわらず、読みやすいのでぜひ参照してください。

created by Rinker
¥4,800
(2020/11/26 10:54:39時点 Amazon調べ-詳細)

2-3: リーチとターナーの通過儀礼の共通点

リーチとターナーの共通点は何でしょうか?成人式(リーチの例)とカーニバル(ターナーの例)にはどんな関係があるのでしょうか?

リーチとターナーの議論の共通点とは、

  • 連続体としての社会(または共同体)を前提としていること
  • 社会は「構造」と「コミュニタス」または「余分・はみだし」で成り立つこと

といえるでしょう。

子どもと大人の関係をターナーの議論で考えてみると、大人(構造)に対して子どもは非合理的なコミュニタスとして捉えることができるはずです。ときに子どもは大人の世界に活力を与えたりする存在になるわけです。

どうでしょうか?通過儀礼の議論を理解することはできましたか?

これまでの内容をまとめます。

2章のまとめ
  • リーチにとって通過儀礼とは、自然な連続性に時間的・空間的な切れ目を入れるもの
  • ヴィクター・ターナーは、リーチの空間的なモデルをより一般化したものを提示
  • リーチとターナーの議論には、①社会の連続性、②「構造」と「コミュニタス(はみだし・余分)」のセットで社会が存在するという前提がある

Sponsored Link

3章:通過儀礼を学ぶための書籍リスト

最後に、通過儀礼を学ぶための書籍リストを紹介します。

まず、何よりも文化人類学という学問自体に興味をもった場合は、こちら記事を参照ください。さまざまな書籍の良い点と悪い点を解説しながら、紹介しています。

文化人類学的な視点を獲得できる本6選
【文化人類学的な視点を獲得できる本6選】隣接分野の重要文献も紹介文化人類学の知識は書籍から学びましょう。 文化人類学の大まかなイメージを理解し、次のステップとして文化人類学の概念や歴史を深く理解...

さて、これまで解説したように、通過儀礼は当該社会を理解するための一つの鍵です。初学者用から上級者用まで紹介しますので、ぜひ自分に合う本を見つけてください。

オススメ度★★★ 浜本満・浜本まり子 (編)『人類学のコモンセンスー文化人類学入門ー』学術図書出版社

通過儀礼を長らく研究してきた文化人類学者による通過儀礼の解説があります(「子どもはいつ大人になれるのか?」というタイトルの章)。この記事を書くときに参照した本です。ぜひ手に取ってみてください。

created by Rinker
¥2,820
(2020/11/25 11:16:19時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★★ アルノルト・ヴァン=ジェネップ『通過儀礼』岩波文庫

通過儀礼に関する研究に多大な貢献をした、ヴァン=ジェネップの議論が集約されています。文庫で手軽に読めるので、初学者にもおすすめ。

created by Rinker
¥3,072
(2020/11/26 10:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ度★★ V・ターナー『儀礼の過程』新思索社

ンデンブ族の宗教儀礼、宮廷の道化師、千年運動論運動、ヒッピー等の事例から社会が「構造」と「コミュニタス」で存在することを主張した本です。しっかり学ぶたい方におすすめ。

created by Rinker
¥4,800
(2020/11/26 10:54:40時点 Amazon調べ-詳細)

学生・勉強好きにおすすめのサービス

一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。

最初の1冊は無料でもらえますので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

また、書籍を電子版で読むこともオススメします。

Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。

Amazonスチューデント(学生向け)

Amazonプライム(一般向け) 

数百冊の書物に加えて、

  • 「映画見放題」
  • 「お急ぎ便の送料無料」
  • 「書籍のポイント還元最大10%(学生の場合)」

などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。

まとめ

この記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ
  • 通過儀礼とは、人生の節目に経験する「人生儀礼」「移行儀礼」「加入儀礼」
  • ヴァン=ジェネップは、通過儀礼に本質的な類似性があると指摘
  • リーチにとって通過儀礼とは、自然な連続性に時間的・空間的な切れ目を入れるもの
  • ヴィクター・ターナーは、リーチの空間的なモデルをより一般化したものを提示

このサイトでは、さまざまな学問を解説しています。興味関心のある記事を読んでみてください。